ミナモシリーズ 201109

水面をずっとみつめていると、なんだかどこか違う空間に
ワープしてしまう。そんなことがよくあります。
自然のひかり、揺らぎには本当に感動します。
その気持ちいい感じ、浮遊感を布におとしこみました。
浴衣地1反×3本をそれぞれ
「街のミナモ(反射)」「公園のミナモ(鯉)」「山のミナモ(上流)」
のイメージで染め
シャツ、チュニック、ワンピースに仕立てました。
水面を着る、水面に体を乗っ取られる。
そんなシリーズです。

If the water surface is gazed at for a long time, it sometimes often becomes that it is likely
to leap to the space which is different without knowing why somewhere.
It is truly impressed by natural light and fluctuation.
I dyed the comfort and feeling of floating the cloth of the yukata, and expressed them.
It is an image of "MINAMO(reflection) of a town", "MINAMO (carp) of a park", and "MINAMO
(upper stream) of a mountain" about it, and is dyeing.
It made for the shirt, the tunic, and the dress.
The body is captured by the water surface or it wears the water surface. It is such series.

ほかのつくったもの

  • ツクリバナシ×しらくまいく子 vol.2 201209
  • ツクリバナシ×しらくまいく子 vol.1 201207
  • 春ヲムカエル服 201203
  • もこもこシリーズ201112
  • ミナモシリーズ 201109
  • びびびシリーズ 201105
  • 夏のぬけがら 201010
  • 野菜シリーズ 201004