ツクリバナシのつくるひと:黒瀬 空見

I.S.O.Tという劇団と出会い、脚本を読みキャラクターの衣装を想像し服を作るということをはじめ、
それを根っこに「日常の中に物語を」をコンセプトに日常着を制作し始めたのがツクリバナシの始まりです。2010年〜
東京→神奈川→大阪。2013年春から大阪市此花区にて製作=生活しております。
ここには物語があふれていて、最近ではもはや「日常をつくりばなしに。」という具合になってきているので、
その生活に似合う服をつくることを目指しています。